日本語でヨーロッパコングレスについての全ての情報

//日本語でヨーロッパコングレスについての全ての情報
日本語でヨーロッパコングレスについての全ての情報 2017-01-22T12:43:33+01:00

プログラム

メインイベント:

ヨーロッパチャンピオンシップ
オープンヨーロッパチャンピオンシップ
パンダネットヨーロッパチームチャンピオンシップ
オープンペア碁チャンピオンシップ
ウイークエンドトーナメント

サイトイベント:

ヨーロッパコングレスでは、数々のサイトイベントが行われます。以前のコングレスでも行われたイベントに加え、新しいユニークなイベントもあります。ぜひ、楽しみにしてください!

現在計画されてるイベントは:

ラピットトーナメント、ペア碁トーナメント、女性トーナメント、連碁トーナメント、子供とジュニアートーナメント、マラソン囲碁トーナメント、ライトニング囲碁トーナメント、13路盤トーナメント、9路盤トーナメント、スンジャンバドゥクトーナメント、ファントム連碁、寄せトーナメント、クレイジー囲碁トーナメント、ミッドナイトマッドネッス、同時連碁、そしてウインタースポーツリゾート場所に合うバイアスロン囲碁トーナメント!ひょっとしたら、更に驚きイベントが追加されるかもしれません...
又、認定された囲碁教師コースとEGFレフェリーコースにも参加できます。

その他、チェスと囲碁イベントや色んな囲碁以外のイベントもあります、例えばトルコやロシアナイトやドイツのボードゲームナイトなど。

全てはまだ準備中で、決定はまだされていません。詳しい情報は、近々にこちらのサイトで発表します。

プロ棋士

アジアとヨーロッパからのプロ棋士が、講座、検討や指導碁を行います。

詳しい情報は、今後報告致します。

申し込み:

今年のコングレスが元々はトルコ、それからロシアのソチで計画され、ドイツのオーバーホーフに開催地が移されました。
そのため、既にトルコやロシアに申し込まれた方には、50パーセントの割引が与えられます。

コングレス料金

アーリーバード (2月中ばまで)

全てのイベント / 一週間 / 週末のみ
大人 130 / 80 / 30
割引 * 85 / 50 / 20
スタンダード (4月中ばまで)

全てのイベント / 一週間 / 週末のみ
大人 160 / 100 / 40
割引 * 105 / 65 / 25
レートエントリー

全てのイベント / 一週間 / 週末のみ
大人 190 / 120 / 50
割引 * 125 / 80 / 30
*割引の料金は12歳から17歳までの若い参加者のみ。11歳までの子供は無料で参加できます!

シルバーEGCフレンド:

シルバーEGCフレンドになられた方は、以下のサービスがあります。

オーバーホーフの駅までのお迎えサービス(可能の場合)
シルバーEGCフレンドTシャツ
シルバーEGCフレンド認定
EGCプロ棋士とヨーロッパチャンピオンサイン付きの扇子
EGF会長からの献詞付きのEGF一年ブック
参加者の名前をEGCウエブページに掲載(希望者)
スカイラウンジでドリンク付きのプロ棋士からの指導碁、ラウンジからの景色はテューリングの森が素晴らしいです。
料金100ユーロ

(レートエントリーの場合は、全てのサービスを利用できない可能性があります)

ゴールドEGCフレンド

ゴールドEGCフレンドにななられた方は、以下のサービスがあります。

オーバーホーフの駅までのお迎えサービス(可能の場合)
ゴールドEGCフレンドTシャツ
ゴールドEGCフレンド認定
EGCプロ棋士とヨーロッパチャンピオンサイン付きの扇子
サイトイベントの優勝者にも与えられるトロフィー
EGF会長からの献詞付きのEGF一年ブック
参加者の名前をEGCウエブページとドイツの囲碁マガジン(DGOZ)に掲載(希望者)
参加者のサポートに対してオープニングセレモニーでのお礼(希望者)
スカイラウンジでドリンク付きのプロ棋士からの個人指導碁、ラウンジからの景色はテューリングの森が素晴らしいです。
7月23日のVIPディナーへの招待
料金250ユーロ

(19人まで限定!)
(レートエントリーの場合は、全てのサービスを利用できない可能性があります)

到着:

飛行機か電車で
一番近い空港はエアフルトですが、かなり小さい空港なので、フランクフルト空港をお薦めします。ニュールンベルク空港も可能です。

フランクフルト空港からは直接、電車でゴータ(Gotha)かエアフルトへ行けます。そこからはテューリングの森を眺めながら、ローカル線が使えます。時間は合計で3時間ぐらい、1時間に一本程度です(最終便は夜7時)。詳しい電車のスケジュールは、ドイツブンデスバーンのウェブサイトでお調べ下さい。

ニュールンベルクからオーバーホーフまでは、電車で約3時間かかります。

ドイツブンデスバーンの料金はやや高めです。例えば、フランクフルトからオーバーホーフまでのレギュラーチケットは67ユーロ、ニュールンベルクからは57ユーロかかります。しかし、もっと安いチケットを買うことも可能です:

オンラインで早めに買えば、特別割引で29ユーロです。この割引は3ヶ月前から買えます。
グループ割引もあります。6人のグループ割引を早めに購入すると、一人19ユーロになります。
もしもローカル線だけで、ゆっくり旅をするのがオッケーなら(この場合はフランクフルトからは4時間半、ニュルンベルクからは3時間半ぐらいかかります)、週末だけの特別料金で6人で60ユーロのチケットがあります。この場合は早く買う必要はありません。
外国から いらっしゃる参加者には、一番良いチケットを探すお手伝いを致します。

宿泊:

オーバーホーフのTreff Hotel Panorama は未来のスキージャンプ台をイメージしていて、様々な意味でヨーロッパ囲碁コングレスを行う場所として最適です。

このホテルでお泊まりになる場合は、朝ごはんを召し上がる時から寝る直前まで、囲碁を楽しめることができます!それに、ホテルの様々な設備(屋内プール、サウナ、フィットネスルーム、ビーチバレーやミニゴルフなど)を無料で使えます。更に、屋内スポーツエリアでエアキャッスル、トランポリン、クライミングウオール、卓球、スカッシュなどあり、屋外エリアもあります。ホテルのミニクラブでは、お子さんも楽しめるWiiチャレンジなどが用意されています。

ホテルの予約は直接メールか電話でしてください!!!

こちらのコードをお使いになれば EGC 17

コングレス専用の料金になります。

オーバーホーフには、その他に数々の小さなホテルやB&Bもあります。約80ほどの他の宿泊場所があり、ツインかダブル部屋で一人15から30ユーロ、又は、会場まで5分内で歩ける距離に、ホリデイアパートもあります。オーバーホーフの観光ページなどで、もっと詳しい情報が記載されています。
4キロ離れた場所に湖でキャンプ場もあります。

観光:

オーバーホーフの近くでできること

オーバーホーフでは色んなことができます。会場から歩ける距離で、水族館やアクアパークなどあります。又、スキージャンプ台やボブスレーを観光できます。ボブスレーを経験も?!?

又は、ノルディックスキーなどにご興味ありますか?オーバーホーフでは夏でもノルディックスキーが楽しめます。バイアスロンを好きな方は、銃撃も経験できます。

冬のスポーツがあまり好きじゃない方には、キャンプ場の近くの湖で泳ぐ事もできます。もちろん、オーバーホーフからテューリングの森でハイキングも楽しめます。夜のガイド付きのハイキングもあります。ハイキングで疲れた場合には、馬車に乗るのもいい案です。

テューリングの名物は特に二つです:ソーセージとじゃがいもの団子です。ドイツの有名なソーセージについてもっと知りたいですか?近くの町にソーセージ博物館があります。又は、テューリングのオリジナル団子を料理コースで現団子の女王と一緒に作ってみませんか(冗談ではありません!)。

食べ物と飲み物

オーバーホーフにはたくさんレストランがあり、値段もリーズナブルです。会場の近くで、美味しいランチやディナーを6ユーロで楽しめます。レストランで生ビール(中ジョッキ)は2ユーロです。(もっと安く食べたい場合は、マクドナルドもあるし、スーパーやパン屋さんなども町にあります。)

ドイツ料理以外にも様々な国のレストラン(例えばイタリアン、中華、スイス、ブルガリアんなど)、そして高級レストランなどもあります。夜遅くまで囲碁以外も楽しみたい方には、パブやバーもあります。

観光ツアー

オーバーホーフはドイツの中心として、理想的な場所にあります。一日、及び半日の観光ツアーで、好評なアトラクションがあります。例えばアイゼナハ(マーティン・ルッターの町)、ザールフェルト(フェアリーケーブ)、ワイマー(ゲーテやシラーの町)、ライプツィッヒ(ドイツの大都会の一つ)、エルフルと(有名なドーム)、バンベルク(中世の町並み)、ラウシャ(自分でグラスを吹いて作る事が出来ます)、その他にも、ホテルが提供する色々なガイド付きのツアーもあります。勿論、自分で車か電車で行く事も可能です。

印象を与えるための写真...

撮影者:Treff Hotel Panorama; Marc O. Rieger; Matthias Kabel; Appaloosa; Thomas Wolf; www.foto-tw.de, License CC BY-SA 3.0 DE (Photo Sächsische Schweiz, Bastei); Franzfoto; Robert Scarth; Ajepbah / Wikimedia Commons / License: CC-BY-SA-3.0 DE; Heinzi; Christian Bier; Krebs Glas Lauscha; Ansgar Koreng / CC BY 3.0 (DE)